一般社団法人まちの保健室

スマホ用メニューの開閉

代表理事 蔵多 のり子 / Noriko Kurata

シニアメノポーズカウンセラー・保健師


正しいセルフケアが
本当の健康につながる

サロン活動を通して「こちらが、何かをして差し上げる、という方法ではなく、その人自身が自分の身体を知り、日々、正しいセルフケアを行うことこそが本当の健康につながる」と気づきました。 そのためには、女性特有の心身の変化や症状、病気に関する知識が不可欠であり、 どうやって女性ホルモンと上手に付き合っていくか、を知っていただく必要があります。

その学びの場、身体について気軽に相談できる場を提供することこそが、私の本当の使命だと思うようになりました。そして、スタートさせたのが『まちの保健室』です。 女性が気軽に自分の健康について相談できる場、また、自分自身を慈しむ場にもなればと願っております。


マノマッジオ
http://manomaggio.net/


理事 宮地 一実 / Kazumi Miyaji

メノポーズカウンセラー・アロマセラピスト


自分の身体を正しく理解すること、
セルフケアの重要性を伝えたい。

神奈川小児療育財団の子育てアドバイザーとして活動していた30代後半、父が脳内出血で倒れ介護5の状態になりました。 すべての生活が激変し、睡眠不足も重なる中、 若年性更年期障害と診断されました。
ホルモンバランスが大きく崩れていたのです。

多くの人は、女性ホルモンのサイクルによる不調が重なっても、自身の身体やメンタルケアを後回しにしておられます。私自身もそうでしたが、頑張り過ぎてしまうことが、その先の大きなリスクになります。更年期をどう過ごすか。自分の身体を正しく理解すること、セルフケアの重要性を伝えるために、メノポーズカウンセラーとして、また、アロマセラピストとして、皆さんのお役に立てたら大きな喜びです


鎌倉ロゼクール
https://www.kamakura-rosec.jp/


理事 関川 友恵 / Tomoe Sekikawa

ITコンテンツ配信者

ITワーク支援

企業・自治体の業務系システム設計・開発をSEとして20年間経験後、独立。Web・システム制作の展開などの IT ワークに加え、”輪on” ブランドで国内外の企業経営者や自治体を対象に、活躍人材の育成やイベントプロモーションを北海道・札幌を拠点に活動している。

娘にどうやって、身体のことを伝えたらいい?
と勉強し始めたことがきっかけで同じことに迷ったり困っている人の支援ができればいいと活動をしています。

輪on
https://waoninfo.com/